トンカツにはしょうゆ

アラサー喪腐女子の日々徒然

正社員とフリーター。既婚と独身。

今回は愚痴です!

とてもドス黒いので(当社比)嫌な人は避けてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、友人が結婚しました。

 

友人は「正社員になりたいけど・・」と言いつつずっと

フリーターを続けてそのままバイト先の方とお付き合いをし、

結婚しました。

 

付け加えると、以前に私が合コン幹事をした際、

私の知り合いの男性Aさんとお付き合いを始め、(仲を取り持つためにだいぶ奔走しました)

その1ヵ月後にそのバイト先Bさんに告白され早々に男性Aさんに別れを告げ、

バイト先のBさんと付き合ったと言う経緯があります

誰が悪いと言う出来事でもないですが、紹介した手前、

私としてはすごく不快な思いはしました。

 

そんなことがあったのもあって、以前からその友人に対して思っていたこと、

その子と今の自分との違いなどがぐるぐるしてきて

頭の中で爆発しました。(本人にはもちろんぶつけてないよ!)

 

簡単に言うと、フリーターのまま

彼氏を見つけてあれよあれよと結婚して人生イージーモード

街道まっしぐらな友人に対してドス黒い嫉妬の念が止まらないと言う話です。

 

(ちなみに私は正社員の販売職です)

 

 

↓ここからは、結婚とかいう話ではなく「働き方」の話。↓

 

正社員とフリーターの話。

 

いくら仕事がよくできて、長時間貢献して、現場の指揮を執ってたとしても

バイトはバイトだしパートはパートだと思っています。

その現場でなにか重大な過失が起こっても、それを叱責されたり責任を

取るのは決してそのバイトやパートではありません。

正社員なんです。

 

友人も「仕事大変・・」ということを言ったりしていますが、

正直同じにしないでと思ってしまいます。

 

働き方もほとんど一緒なんだから賃金や待遇を同じにして欲しいという声も

ありますが、その気持もわかるけど、

賛否両論あると思うけど私は

同じじゃない、と言いたい。

 

どこの職場もそうとは言わないけど、

「責任」のレベルが違うでしょ、と言いたい。

 

上の人間は結局"正社員"の働きしか見てないよ、と言いたい。

非正規の方の頑張りも含めて「売上の良し悪し」しか見てないし、

それに対するフィードバックは正社員にしか降りかかってこない。

 

 

昨今のニュースなどでは非正規の人に注目されることの方が多い。

わかってる。

正社員になりたくてもなれない人がいるのもわかってる。

でもなる気がなくてならない人が大勢いるのも事実。

(実際私の周りにも確実にいる)

 

それでも言いたい。

「正社員」の座を取った側にも意地や感情があります。

 

特に就職氷河期だったので、就職活動は本当に頑張りました。

何事もあまり努力しないポンコツですが、就活は本当に頑張りました(笑)

 

 

最近、なんで、なんのために

自分のミスでない場合にも本社の人間に怒られたり責任を取ったり

あくせくあくせく働いているのかなぁとぼんやりすることがあります。

 

 

こないだ美容院に行ったときに美容師さんと「好きなタイプ」の話になったとき、

「同じ美容師の女の子は嫌ですね。バリバリ働いている人はキツイ人が多い。怖いからいやだ」と。

 

あーやっぱりそういうもんなんだなぁと思いました。

 

本社で働く女性社員や半日勤務より1日ロングで働くパートさんの方が

きつい女性が多いです。

そして私も店舗勤務で一応責任者という立場なので

いやゆる"きつい女"なんだそうです。(自覚もあるけど・・)

 

特に本社勤務の女性は、まぁキツイです。

叱責したのち電話をガチャンッッと切られたり、

顔を合わせ挨拶もなしにいきなり「あそこもあそこもできてねーよ何やってんの?」と

言われたことも数知れずです。

 

人の振り見て我が振り直せ、とはこのことで。

あんな人たちのように自分は絶対なりたくないと思いながら仕事をしていますが、

仕事量・責任量からどうしてもイライラすることが多いです。

 

いけないと、思いつつもそれが態度や言葉尻に出てしまっているのが現実です。

「あぁ気をつけなきゃ気をつけなきゃ」と思うごとに苛々が募ることもあります。

本当にお恥ずかしい話ですが、これが今の私の現実です。

 

 

たくさんの仕事を抱えて責任もハンパないのに

明るく気さくな方ももちろんいます。尊敬しかないです。

でもそういう方は少ない。キツイ人のほうが遥かに多い。

 

それほどまでに難しいことなのだと実感します。

 

 

私なんかより本社で働く方々の方がそりゃ地位も上なので

それゆえにのしかかる仕事量・責任量などはケタ違いなので

あぁやってキツくなってしまうのもわかる。

怒られるのめっっっちゃ嫌だけど、わかってしまうんです。

 

じゃぁ、女性がバリバリ働く意味とは?と思ってしまう。

 

会社に貢献してる方が「きつい女」「怖い女」「だから結婚できない」

と揶揄される。

結婚して、仕事量や責任量が少ない部署に異動した方や寿退社した方

の方が「おめでとう」「おめでとう」と祝福される。

 

なにこれ?

なんだこれ?って思っちゃいます。

すみません、思ってしまうんです。

 

 

ましてや非正規の友人が、結婚。

幸せそうな姿。安定した生活を手に入れているのを目の当たりにすると、

 

なにこれ?

なんだこれ?と思ってしまうんです。

 

わかっています。

 

相手にもきっと、人には言えないつらい事情の1つや2つ・

将来の不安を少なからず、抱えてるんだろうということもわかります。

 

でも自分の中に黒いモヤモヤが蠢いているということは事実。

 

女性が正社員でバリバリ働く意味。

なんだろう。

 

世の中の非正規労働者の待遇を正社員に近付けようという動き。

なんなんだろう。

 

ますますわからなくなる「正社員として働く意味」

 

こういうことを不特定多数が見ているブログでぶちまけるのはめっちゃ怖いですが、

でも心から思ってることなので言葉にしてみました。

 

 

「正社員である」というプライドにしがみつくしか他に

自信があるものがないんだろうなと自己分析。

 

あぁ、自分はなんて性格が悪いんだろう。

友人の結婚も素直に喜べない

と、自虐の入った偽善者な天使と

 

うるせぇ!!それぐらい普通に思うだろ!?

まっとうな感情だろーよ!!!!?

と、ストレートに感情をぶつける悪魔が

 

脳内でせめぎあう昼下がり。

 

嫉妬なんてのはしないならしない方が相手にも

まず自分のためにもいいと思うので

大人になりたいですな・・・。

 

こりゃ彼氏できねーわと思うだろう?

そうなんだよ

 

こういう黒い内面を、外に吐き出せるわけもなく

(漏れ出ているような気はして、不安ですが・・・・)

内に秘めてモヤモヤがテトリスのようにたまって

ここ最近は本当に溺れ死にそうになっていましたが、

誰にも教えていないこのブログに吐き出すことで少しすっきりしました。

 

読んだ方にはあまり気分の良いものではなかったと思いますので

すみませんでした。

でも私はスッキリしたんで。(ドヤ顔)

 

 

 


にほんブログ村

家事という天敵。

随分間が空いてしまいました。

お久しぶりの中村です。

 

なんやかんやで一人暮らし生活も1ヵ月半ほどが経ちます。

だいぶ生活も慣れてきましたが、

いや家事って大変ね!?

 

今までは帰宅→出来上がっている飯を食らう→即風呂はいる→

寝るまでは自由時間という名のスーパーパソコンタイムって

感じだったんですが、

(まじで家のことをやらないポンコツでした)

 

今では帰宅→ご飯作る(これがまた慣れてないから時間かかる)→食べる→

茶碗洗う→米を仕込む→掃除(毎日1ヶ所掃除するところを決めています)→

風呂はいる→風呂掃除→あぁーーもう寝る時間アアアーーー

 

という感じです。

 

夜の自由時間がまっtlttたく取れない。

ブログを書いてる場合でもない。

 

また、朝起きて寝ぼけ眼の中、朝ごはんと弁当作りから開始しなきゃ

いけないというめんどくささ。

 

仕事→帰宅→家事という仕事→趣味タイム一切なし→仕事→

家事という仕事→趣味タイム一切なし・・・・これの繰り返しは

思いのほか、精神にダメージをくらわせていたようで、

私は早々にイライラが募ってきて、

悪い性格が更に悪くなってきていることをひしひしと感じました。

 

これではいけない、と。

なんのための一人暮らしだ、と。

 

もちろん自分のことは自分でできるようになってきて、

着実に前の自分よりはしっかりできてはいる。

としても、それでイライラしたり負のオーラを周りに撒き散らしていたら

本末転倒やないかと。

 

 

これは第二段階に来ている…!と思いました。

 

今までは、一人暮らし始めたてでやる気もみなぎっていたため、

なんとかかんとかやれていましたが1ヶ月も過ぎるとだれてきます。

めんどくさい・・・と思うことも増えてきます。

だって生活だから。毎日のことだから。

 

ちょうど先日、母が引越し後初めてうちに遊びに来たときに

そのことについて相談しました。(猫が心配だから速攻帰ったけど)

 

毎日毎日一生懸命家事やってたらそりゃそうなる。

もっと手を抜けるときは抜いて。

掃除も目立つところだけやればいいやとか、

週に1度は何もしないで外食する日を作るとか。

適度に手を抜いてやればいい、と。

 

なんつか、だいぶ心が楽になりました。

実際の家事量というよりは家事に対する気負いが強すぎたんだなと

思いました。

 

「ちゃんとやらないと」「あれとこれは絶対しなきゃいけない」

ってそんなことばっか頭ぐるぐるしてました。

仕事から帰ってもそんな状態だとそら疲れるわな。

 

ということで次の1ヶ月は、適度に力の抜いた家事ができるように

なるのを目標にしようかなと思います。

 

今まで日曜日1日だけを一切掃除しない日と決めていましたが

土日2日間にしました。

あと、私は朝起きてから即料理から始めなきゃいけないというのが

ものすごく精神的負担が大きいということに気付いたので、

今では夜ごはんを作ったときに一緒に翌日の朝ごはんと弁当のおかずも

作るようにしました。

そうすれば生ごみは夜のうちに全て処理できるので、翌朝シンクが

めちゃめちゃ汚れるってこともなくなりました。

 

それによりまず

①朝起きる時間を少し遅くすることができた(超重要)

②朝起きた瞬間から「ご飯を食べる(至福のとき)」に移れる

ってのがだいぶストレス軽減になりました。

 

なるべく自炊!!の謎のポリシーは未だ崩れないので

この日はコンビニ弁当で済まそう・・とかにはいまだあまりなれず

(へたくそでも人が作った料理の方が美味しいと感じるってのもある)

一応ほぼ毎日自炊を続けていますが、本当にめんどくさい日やしんどい日、

残業でめっちゃ遅くなった日なんかは外食を許そうと思っています。

 

でもそうすることで少しずつ夜に余裕な時間ができるようになってきて、

パソコンを触る時間も30分~1時間くらいは作れるようになりました。

ウレシイ・・・・・・・・・;;;;;

 

やみくもに家事をやるのから、どうすればもっと早くできるかとか

効率的に出来るかとか体に負担をかけずにやれるかとか

(家事って中腰姿勢が多いね・・・もう最近腰が痛くてたまんのよ)

そういうことを考えながらやる第二段階に入った感があります。

 

世の主婦達が「時短」という言葉にどれだけ魅力を感じるのか

最近になってやっと分かったよ・・・・・・・・・・・

早く終われば早く終わるほどイイ・・・・・・・・・・・

 

コレでもう少し落ち着けば、もうちょっと余裕が生まれたり

もっとあれしたいこれしたいとか考えられるかな。

 

まだ日々生きるのにいっぱいいっぱいです・・・・!(笑)

 

 

ただ今日は、夜からアニメマンガ好きで集まる

社会人カフェ会のようなものに行ってきます!

 

最近、休日余裕があれば行ったりしています。

とりあえず誰かと話したい欲を満たすためと、恋活をかねて。

その話はまたおいおい。

ニャンコの話もおいおい。(病名が分かったけど元気だよ!)

 

では準備します。

その前にスーパーで買出し。肉も魚もない!

 

 

 


にほんブログ村

 

猫の話

 

こんにちは中村です。

 

今日はこないだのGWBBQの話をしようかと思ってたんですが、

昨日実家より電話が。

 

どうやら愛猫の体調がよくないようです。

御年20歳。人間にしたら140歳オーバー?ご長寿猫ちゃんです。

 

年が年なので、耳の聞こえが悪くなったり、足腰が多少弱くなったり、

体調不良の回数もやや多かったりはしてましたが

全然元気なお婆ちゃん猫です。

 

でも今回はどうにも本当に具合が悪いよう。

元々腎臓が弱かったのですが(というか猫は腎臓が弱いらしい)

お医者さんからも「良くなることはない」と言われたそうです。

今日明日でどうこうなるっていう感じではないけれど、少し覚悟は

しておいてねとのこと。

 

明日様子を見に行ってきます。

もう不安で不安でたまりません。

 

小さい頃から一緒で、一人っ子の私にとっては本当に

姉妹のような存在です。

本当にびっくりするくらい長生きなので(笑)

このまま永遠に生きるんじゃないかと冗談交じりに思っていましたが、

 

いやー、急にやってきますね。

 

このとき改めて、あぁ命ある子なんだなと思いました。

いやオモチャのように思ってた訳ではなくて、

いつか目の前からいなくなってしまうかもしれないんだと思い知らされました。

 

以前も、腎臓の方の病気で大きな死線を彷徨ったことがあって

同じようなことを思って、そのときも本当に動揺しましたが。

(そのときはその後なぜか急に元気を取り戻して一命を取り留めました)

 

今回も前回のようにまた急に元気になってくれることを願います。

明日、顔見て少しでも元気になってくれたら良いです。

 

 

そんな猫のこともあって、

なんとなく、みんな年老いていくんだなぁと思いました。

 

職場の50代の女性も、お母様がご高齢で体調が悪く入院されていて、

定期的に病院にお見舞いに行っています。

職場の先輩の友人も、足腰が悪く入院しているお母様をいつでも家に

迎え入れられるようにバリアフリーのアパートに住んでいるそうです。

 

私の両親はまだ元気ですが、いつかうちの猫のように

体調が悪くなったり、誰かのサポートが必要になるときが来るかもしれない。

そんなときに、健康な私の方が不安になってアタフタせず

しっかり準備した状態でサポートできるような娘でありたいなと思いました。

 

そのためにはどうすればいいか。

そこで初めて、まず自分自身が誰かとサポートし合える関係になりたいと思いました。

初めて真面目に結婚願望とやらが沸いた気がする。

 

前まではこじらせもこじらせて、

「もういいよ彼氏なんてできないし。

どうせ私は一生一人で生きていくくことになるよ」

と思ってたけど、一生一人で生きていくってきっとすごく大変だ。

 

自分自身をまず養って、そのためにはずっと仕事を続けて、

一人っ子だから年老いていく両親の面倒を全部一人で見て、

そんな自分もどんどん年老いていく。

一人で抱えて行けるのか…いやもちろん独り身だったら抱えていくつもりでは

いるけど

 

でも誰かと一緒の方がもっと心強いし、大変なことも少しは楽しみながら

乗り越えられるかもしれない。

そしてその"誰か"も私といることで「心強い」と思ってもらえるようになりたい。

 

そう思いました。

(既婚者の方や恋愛経験豊富な方に甘い甘い甘い!現実そんなもんじゃないし

お前は寄りかかりBBAかって喝入れられそうで本当すみませんという感じですが)

 

…実家にいたら考えもしなかっただろうな。

元気な両親に囲まれて猫がいて。

考えたって、実際目の前の家族は元気だから考えがなかなか現実味を帯びない。

 

だからなんとなく世間の流れに合わせて

「彼氏ほしい~結婚した~い」と喚きながら、その一方で

「どうせ一生結婚なんかできない。

そもそも結婚したいと思ってるかどうかもよくわかんない。一人でいる方が楽だし」とかいう言葉が出てくる。

 

現実を見なくてもいいぬるま湯にいたんだなと思います、ほんとに。

今回少し「現実」を考えて。

「結婚」という括りで括らなくてもいいかもしれないけど、

私は一生一人で生きるより、誰かパートナーと支え合える人生にしたいなと割と本気で思えた。

 

そして自分が家族を大事にする分、「自分の家族を大事にしている人」

っていうのは結構自分の中で譲れないポイントなのかもしれないという

新しい発見をした。

 

猫のことがキッカケという訳でもないけど

なんだかちょっと真剣に将来のことを考えたりもしました。

 

 でもあまりにも、まだ起きてもいない不安なことに

頭を巡らせても人生はどんどん暗くつまらなくなるだけですね。

 

こういう暗いことをグルグルグル考えて気分もどんどん

沈んでいくネガティブループに陥るのは中村の得意技です。

中学時代のあだ名「ネガティブクイーン」の名は伊達じゃないよ

 

まずは明日元気な顔で猫ちゃんに会う。

元気な気を向こうに分けてあげられるように。

少しでも元気になってもらえるように。

もしものことを考えるのはあの子に失礼です。

いつものように「久しぶり?元気~?」って頭を撫でて抱っこをしてあげる。

 

そしてえらい神妙なトーンで「誰か」や「相手」など

恋愛経験もゴミカスな私がよく知りもしない結婚について語ってしまったけれど

まずは相手探せっちゅー話やな!!!頑張ります!!

 

私をネタに結局結婚してぇって話をしてんじゃねーよって猫に怒られそうです。

明日死ぬほど可愛がる。

 

 


にほんブログ村

 

風邪引いた

こんばんは。中村です。

風邪引きました。

 

皆がゴールデンなウィークを過ごす中、

私は仕事仕事風邪 ちょっと遊びに行って風邪悪化 仕事風邪って感じでした。

自業自得!

 

よく「一人暮らしは風邪引いたときが一番堪える」なんて記事を

見かけてて、そうだよなぁ…看病してくれる人もいないし、

心が弱ってるから尚キツイだろうなぁ…

でも、これから暑くなってくるってときに早々風邪も引かないだろうし

ま、まだまだ関係ない話だな!って

 

思ってた矢先に即引くっていう。

 

まだ入居して1ヶ月も経ってないですけど。

 

原因はまだ肌寒さ残る夜に電気代ケチって暖房器具をなにもつけなかったことです。

自業自得!

 

家に体温計もないので、自分が今何℃なのかも分からず。

でも全身の悪寒と、しかし額にこみ上げる熱で明らかに発熱してることはわかる。

昨日はそんなフラフラな状態でした。

 

でもどうしても肉じゃが食べたくてフラフラな状態で肉じゃが作ったりしてた。

 

おいしかった。

 

体調が悪く、心も体も弱ってるときこそ

人が作った手料理が身にしみるなと思いました。

たとえ自分で作った肉じゃが(とギリギリ呼んでもいいような代物)でも!

 

レトルトや惣菜がだめって訳じゃぁないんだけど、

やっぱ人の作ったものはおいしい。

たとえレシピ通りじゃなくても。見た目が悪くても。(笑)

最近それをすごく痛感します。

 

改めて、実家の手料理に日々感謝しなければならなかったんだなと思います。

好物じゃないから不機嫌になるときなんかも学生時代はあったりしました。

今思う。飯が出てくるだけで素晴らしいことなのだと!(笑)

 

今日はだいぶ体調も回復していき、こうしてブログを書けるまでになりました。

いやぁ、風邪引いてても仕事だったし、安静にというよりは

結局料理したり掃除したりもしてしまったし、

消化にいいものを食べるとかの配慮もしてなかったんですけど

なんとかなるもんだな!!

なんとかなりました。

 

でもやっぱりしんどかったのでこれからは

体調に十分気をつけます。暖房はつけねーけどな!!!

 

 

その風邪が悪化した一因として、GWに一度だけあった休みに

ビービーキューなんぞに出かけたってのがあるんですが。

そのBBQでの話とかも次くらいにしたいなと思います。

 

次回!非リアがパリピの聖地・BBQに参加するとこうなる!

ではでは、

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

一人暮らしを始めてみて。

 

一人暮らしを始めて、早2週間弱が経ちました。

始めの1週間はなんだかんだヒィコラして、

炊飯器の仕様が分からず、米が炊けずに号泣したりしてましたが

今となってはなんとかかんとか落ち着いてきました。

朝、炊飯ジャーを開けて、昨晩と変わらぬ米の状態に

「米が炊けてないよーーーーーーーー!!!!」と泣いたの忘れない。

 

言い訳させてくれ、「炊飯」ボタンを二度押す仕様になってるとは

思わなかったんだ…!!!

 

 

そして一人暮らしを始めて思ったこと。

まず、

 

 

いや、寂しいな?!

 

 

「ただいま」「おかえり」の威力ひしひしと感じています。

「おかえり」大事。

今、セコムくんが言ってくれる「おかえりなさい」だけが心の支え。

家に帰って話し相手がいるってすごく大事なことなんだなって気付かされました。

 

あとうちでは猫を飼ってまして、実家にいる間は

ちょいちょい遊ぶ程度で、めっちゃ溺愛してたわけではないですが

今、めっちゃ猫に会いたい。めっちゃ恋しい。

 

実家にいると「寂しい」という感情が本当に生まれないんだなと思いました。

特にうちは母親とも仲が良かったので余計にです。

こんなに"寂しい"という感情を抱いたのはいつだったか、

もう思い出せないもの。

 

だからこそ、すごく人に会いたい!と思うようになりました。

コミュ障からすると、これすごい変化です。自分でもびっくりしてる。

 

もう誰でもいいんだ!

誰でもいいから人に会いたい!

話したい!話を聞きたい!会話をしたい!

 

職場の人とは会って話をしていますが、あくまで職場の人なので・・。

それでも仕事に行くにしても、「行ったらとりあえず人と話せる!」

とちょっとプラスに思えるようになりました。

元々仕事めんどくさい行きたくないマンなので。

 

実家にいる頃は、寂しさをあまり感じず満たされた環境だったため、

誰かと遊ぶ際も、少し人を選んでいるところがありました。

人を選ぶというか…本当に気の許せる人、とかこれは参加したら絶対楽しいって

わかってるものだけ参加する、みたいな。

 

でも最近は、その「楽しい」のハードルが下がってきている感じがします。

もう誰でもいい。とりあえず人とちょっと会話しただけでも

自分の中ではもう「楽しい」の部類に入るわ!今なら!

という状態。

 

家に帰ってもひとり。朝起きてもひとり。

そうなると今まで当たり前だった、むしろ面倒だと思っていた

人と話すことすら「楽しい」になってきているなと感じます。

 

それが今、一人暮らしをして変わったことのひとつかなぁ。

 

まぁ基本、人付き合いはめんどくさくて得意じゃないので

めんどくさいやっぱ無理もうホントめんどくさい!ってなるときも

もちろんありますけどね。

 

でも割と人嫌いだったのに。本当びっくりです。

 

ちょっと私生活も落ち着いてきたので、

珍しく自分から遊びの誘いや飲みの誘いなんかもしました。

誘ってる間はやっぱりめんどくさくて

「あーやっぱり誘いなんかしなけりゃよかっためんどくさい」って

思うんだけど!

 

でも、

 

人と会いたいなら、まず自分から誘ってみよう!

とちょっと前向きに思ったわけです。

(まだ新生活2週間目だから元気の余力も残ってるので笑)

あとは友達が少なすぎて、誘わないと誰からも誘われないっていうのも

でかいです言わせんなバカヤロウ

 

 

そんなこんなで、一人暮らし始めてから初の

「休日、友人と遊びに行く」が今週からちょこちょこあります。

遊んでみてまた実際、どんなことを感じるのか。

それはまたここに書き留めにきたいと思います。

 

交際費に気をつけて(節約ダイジ)

あまり最初からエンジン飛ばしすぎず、やっていこうと思います。

 

本日は以上。

 

すげー前向き松岡修造みたいなブログになっちゃって正直サブイボ止まらない。

スタートダッシュかましすぎてガス欠ならないように気をつけよう。

まるちゃんの野口さんは急に山田君のようにはなれないのよ。

 

さて、本日の夕飯はシチュー(豚肉解凍し忘れたんでベーコンぶち込みました。

でも煮込み不足でほぼほぼ生だった可能性が高い)でした。

料理ができねぇ!!!!!!!!!!(笑)

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

はじめまして。

はじめまして。中村と申します。

 

プロフにあります通りの、アラサー・腐喪女子・こじらせ女でございます。

その上、ぐーたらな干物女のオプション付。典型的なイマドキ喪女。

 

でも、そんな自分を変えたい!

もっと自分に自信を持ちたい!

あわよくば彼氏欲しい!

あわよくばカレピッピってやつを欲しい!

 

と思って、一人暮らしを始めました。

 

バファリンの半分は優しさでできているなんて言いますが、

こじらせ女の半分はコンプレックスでできてるから。

 

そんな半分を占めるコンプレックスをまずは3分の1くらいに

しようじゃないか、と。

自分の生活くらい自分で回せたら少しでも自分に自信がつくんじゃ

ないか、と。

 

アラサー、独り立ちには遅咲きの春ですが

中村26歳(来月27)、大学生のようなワンルームでもがいてみようと思います。

 

そしてそんな毎日を綴っていこうかと思い、ブログを立ち上げました。

同じ境遇の方や、少しでも読んでいてなにかひっかかれば

これほど嬉しいことはありません!

 

仕事のことや日々のこと、そしてホモのことやホモのこと。

そんな感じでまったり書いていこうと思います。

(絵も描くのでたまに絵も出るかもしれませんがご注意ください)

 

どうぞよろしくお願いします^^

 

ちなみに本日の夕飯は焼き鯖とほぼ卵スープのような茶碗蒸しでした。

なぜか蒸されなかった

やってTRY!のインタビューが来ないことを願うばかりである。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村